INFP-TとINFP-Aの違いは?オリジナルのMBTIにはない要素

恋愛がうまくいかない、自分を理解してもらえない、そんな悩みを持つあなた。

 

もしかしたら、あなたがINFPという性格タイプについては分かっているかもしれません。

しかし、MBTI診断には16タイプに加えてそれぞれTタイプとAタイプに分かれています。

この2つの文字が示す意味を知ることで、自分の内面や恋愛に対するアプローチが変わるかもしれません。

 

まだ20代で自分の事を完全には把握できていないあなたに、このTとAの違いが何を意味するのか、そしてその違いがどのように恋愛や人間関係に影響を与えるのかを詳しく解説します。

 

私の友人も、この診断を通じて彼氏との関係が改善され、より充実した日々を送ることができるようになりました。

 

自己理解を深めることで、恋愛の質が向上し、人生の方向性も明確になるでしょう。

この記事を読むことで、あなたも自己受容を高め、恋愛関係を向上させる手助けとなる情報を得られることでしょう。

 

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

INFP-TとINFP-Aとは?

「INFP-T」と「INFP-A」、これらの言葉に何か意味があるのでしょうか?

最近恋愛がうまくいかないと感じ自己理解を深めたい、もしくはもっと深い関係になりたいあなたに、これらの言葉はまさにピッタリの内容かもしれません。

 

この項目では、神秘的な「T」と「A」の違いを解明し、それらがどう神経性に関連しているのかを探ります。

 

この知識は、自己受容を高め、恋愛の方向性を明確にするための第一歩となるはずです。

 

自分自身を深く理解し、恋愛関係を向上させ、より充実した人生を送るためのきっかけを提供します。

 

TとAの違い

恐らく一番有名なMBTI診断サイトの16Personalities性格診断テストでは、「INFP」などの後ろに「INFP-T」「INFP-A」のようなTやAの文字が付きますよね。

恋愛関係においても、この違いがコミュニケーションのスタイルに影響を及ぼすことがあります。

 

16Personalities性格診断テスト16のヘッダー画像
引用:16Personalities性格診断テスト

 

このIFNP-TタイプとINFP-Aタイプの違いを紹介します。

 

「T」は「Turbulent」(激しい、不安定な)、そして「A」は「Assertive」(自己主張の強い)を意味します。

 

 

簡単に言うと、「T」のあなたは感受性が高く、不安を感じやすい慎重なタイプです。

一方、「A」のあなたは、自信に満ち、自己主張の強いタイプです。

 

恋愛面で例えてみると、相手の気持ちに敏感に反応することも多いです。

Aタイプは自分の意見をしっかりと持ち、Tタイプよりも伝える力が高いですね。

 

INFP-T(慎重型)の特徴

INFP-T(慎重型)は、自己認識が深く、感受性が高い個性を持っています。

 

具体的な特徴は以下のようになります。 

  • 感情の揺らぎ
    慎重型は感情が揺らぎやすく、時には自分の感じることに対して不安を感じることがあります。
  • 他人への共感
    他人の感情に深く共感することができ、友人や恋人との間に深い絆を築くことができます。
  • 自己の探求
    自己理解を深めたいという強い願望があり、自分自身の感情や動機について探求することが多いです。
  • 慎重な判断
    決断を下す際には非常に慎重で、自分の価値観と照らし合わせることがよくあります。
  • 恋愛における敏感さ
    恋愛においては、パートナーの感情や感覚に非常に敏感で、感情的なつながりを重視します。

 

これらの特徴は、クリエイティブな分野での深い観察力や感受性が求められる職種においては強みとなります。

一方で、自分自身の感じることに対して不安を抱くこともあるため、自己受容を高めるプロセスが重要です。

 

恋愛においても、感受性の高さは深い理解と共感を生み出す素晴らしい要素となりますが、不安を適切に管理するための理解と対処が求められます。

 

INFP-A(自己主張型)の特徴

INFP-A(自己主張型)は、INFPの共感と理想主義を保ちつつ、自己認識と自信をより強調した特性が見られます。

 

具体的な特徴は以下のようになります。 

  • 自己認識の強化
    INFP-Aの人々は、自己評価が比較的高く、自己認識に対する信頼を持っています。
  • 積極的な態度
    目標に対して少し積極的に取り組む姿勢があります。ただし、ベースにはINFPの基本的な内向性や感受性はあります。
  • 感情の安定
    INFP-Tに比べると感情の揺らぎが少なく、自分の感情をうまく管理できる傾向があります。
  • 恋愛における独立心
    恋愛においても、相手との関係を大切にしつつも、自己の価値観や信念に基づいた態度を保ちます。
  • クリエイティブな分野での調和
    他人と協力し、クリエイティブなプロジェクトを前進させる能力があります。リーダーシップは強くないものの、チーム内での調和を重視します。

 

INFP-Aの特徴は、Aタイプとして自己認識と感情の安定、積極的な態度に少し重点を置いていますが、INFPの基本的な性質である共感性、理想主義、感受性はそのまま保たれています。

 

このバランスは、自分と他人との関係を深めたり、人生の方向性を見つけたりするのに重要になります。

 

オリジナルMBTI診断にTとAはない?

ここまでで「INFP-Tタイプ」や「INFP-Aタイプ」について解説しましたが、実はTタイプとAタイプは、オリジナル(元祖)のMBTI診断には存在しません。

 

では、なぜこのような表記が存在するのでしょうか?

 

この項目では、MBTI診断について少し深堀しつつ、他の性格診断との違いについても少し解説します。

 

感受性の高いINFPのあなたにとって、この知識はコミュニケーションの質を向上させ、充実した恋愛への手がかりとなるかもしれません。

 

MBTI診断に神経性の項目はない

現在、性格診断の中で最も信頼性が高いと言われるビッグファイブという診断があります。

そのほかにもある程度医学的にも信頼されているいくつかの診断には神経性という要素が含まれるようです。

神経質だったり、気にしすぎたりする傾向のことを指すことが多いです。

 

しかし、オリジナルのMBTI診断には「神経性」という項目は含まれません。

理由は、MBTIが主に人々の認識と判断のスタイルに焦点を当てているためです。

 

神経性がないMBTI診断は、他の診断と比べて信頼性抜群!というわけではありませんが、ご存じのように16タイプに分けたりして分かりやすくなっています。

ビッグファイブなどはそれぞれの要素ごとの数値を見て、総合的に判断する必要があったりしてMBTI診断と比べると分かりにくいです。

 

その良いとこどりがMBTI診断(INFP-T/-A)になっているのだと思います。

神経性が高い方がINFP-Tタイプ、低い方がINFP-Aタイプですね。

 

神経性は個人の感情の安定性やストレスへの反応を測るもので、一般には重要視されることが多いですが、MBTIは個人の思考プロセスと行動のパターンを重視しています。

 

MBTIの目的は、自己認識と人間関係の向上にあります。

なので、神経性のような感情的な特性は考慮されないのです。

 

あなたが自分の感情の安定性やストレスの取り扱いに関心を持っている場合、ビッグファイブの診断をして結果について調べることも一つです。

 

神経性とは何か?

神経性は、一般的にストレスや圧力に対する個人の感受性や反応性を示す性格特性として知られています。

具体的には、情緒の安定性や不安の度合いを測る指標として使われることが多いです。

 

高い神経性を持つ人は、日常の出来事や変化に敏感に反応しやすく、感情の起伏が激しいと言われます。

一方、低い神経性を持つ人は、状況が変わっても冷静に対応することができ、感情が安定している傾向があります。

 

ビッグファイブの性格特性の1つとして取り上げられる神経性は、自己理解や人間関係の向上に役立つ要素として重視されます。

例えば、あなたが日常生活や恋愛関係でのコミュニケーションの質を向上させたいと考えているなら、

自分の神経性のレベルを知ることで、どのような状況でどのように反応するかを予測し、適切な対応をとる手助けとなります。

 

自分の感情の起伏を理解することは、より充実した人生を送るための第一歩と言えるでしょう。

 

神経性が高い人の特徴

神経性が高い人は、感受性が強く、日常の出来事や変化に敏感に反応することが一般的です。

その特徴は以下のようになります。

 

  • 感情の起伏が激しい
    小さな出来事でも強い感情を抱きやすく、その感情が急激に変動することがあります。
  • ストレスに弱い
    圧力やストレスの下での作業は難しく感じることが多いです。
  • 過去の出来事を引きずる
    過去の失敗やトラウマをなかなか忘れられず、それが現在の行動や感情に影響を与えることがあります。
  • 新しい環境への適応が難しい
    未知の環境や人々との交流に対して不安を感じやすく、慎重に行動する傾向があります。

 

神経性が高いと一見するとデメリットが多く見えますが、計画性があったり注意力が高かったりとメリットとなることも多くあります。

 

INFP-Tのような感受性が高く、自己理解と成長に興味がある方は、この神経性の特徴を理解することで、自分の感情や反応のパターンをより深く知ることができます。

そして、それが自己受容を高める一助となり、恋愛や人間関係の質を向上させる手助けとなるでしょう。

 

神経性が低い人の特徴

神経性が低い人は、感受性が穏やかで、日常の出来事や変化に対しても冷静に対応できる特徴があります。

その特徴は以下のようになります。

 

  • 感情の起伏が少ない
    小さな出来事にも動じず、安定した気持ちを保ちやすいです。
  • ストレス耐性が強い
    圧力やストレスの中でも冷静に判断し、行動することができます。
  • 過去の出来事に囚われない
    過去の失敗や困難をポジティブに捉え、前向きに生きる傾向があります。
  • 新しい環境にも適応力がある
    未知の環境や状況でも柔軟に対応し、ストレスを感じにくいです。

 

神経性が低いと一見するとメリットが多く見えますが、感受性が低かったり危険やリスクを見過ごしやすかったりと、気を付けるべき点も多いです。

 

INFP-Aのような感受性が高いあなたにとって、この特徴を知ることで、自分自身やパートナーの性格をより深く理解する手助けとなるでしょう。

 

また、これらの特徴を持つ人とのコミュニケーションの際には、相手の落ち着いた性格を理解し、その強みを活かした関係性を築くことができます。

 

まとめ

  • INFP-TとINFP-Aの違いは「神経性」に関連
  • オリジナルのMBTI診断にはTとAの区分は含まれていない
  • 神経性が高いと感情の起伏が激しいが、低いと冷静に反応する

 

MBTI診断の一部として出てくるINFP-TとINFP-Aは、それぞれ「慎重型」と「自己主張型」を意味します。

 

これらの違いは「神経性」という要素に関連しており、神経性が高い人は感情の起伏が激しく、低い人は冷静で落ち着いています。

しかし、オリジナルのMBTI診断にはこのTとAの区分は存在しません。

 

それぞれの特性を理解することで、自分自身の行動や考え方、そして人間関係におけるアプローチの違いを深く理解する手助けとなります。

 

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA