INFP(仲介者型)の他タイプとの相性は?恋愛面で見たらどうなる?

 

INFP(仲介者型)の恋愛相性について知りたい方へ。

恋愛相性に悩んでいる方にぴったりです。INFPの性格や恋愛スタイル、好きなタイプや苦手なタイプなどについて詳しく解説しています。

 

INFPはロマンチックな気質や理想的な愛を求める傾向があります。

この記事では、INFPのメリットやデメリット、相性の良いタイプや悪いタイプについて紹介しています。

 

この記事を読むことで、自分自身の恋愛傾向や相性についての理解が深まり、理想のパートナーを見つけるヒントが得られるはずです。

また、悩んでいる方にとって、心の支えになり、自分自身と相性の良い人との出会いを促すきっかけになるかもしれません。

 

あなたの恋愛相性に関する疑問や悩みを解決し、幸せな恋愛を実現するために、ぜひこの記事をお読みください。

INFPの特性や恋愛傾向を理解し、より充実した恋愛を追求していきましょう。

 

\この1冊でINFPが分かる!/

ワンコイン!

 

\1分で無料登録!/

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)

INFPの基本情報と特性

INFPとは、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)におけるパーソナリティータイプの一つで、仲介者型と呼ばれます。

 

INFPは内向的で直感的、感情を重視する特徴を持ち、独自の価値観や理想を大切にします。

 

INFPの性格や性質を理解することで、他タイプとの違いを知り、関係をより深める方法や、相性の良いパートナーを見つけるヒントを得ることができます。

 

恋愛相性の前に、まずはINFPについて解説してみます。

 

早く相性が知りたい!という方はこちらからジャンプしてください。

MBTIとは?その中でのINFPの位置づけ

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、心理学者カール・ジャングの理論を基にして開発された人格診断ツールです。

MBTIは、人々の性格の傾向を分類し、16のタイプに分けることで、個々の人格の特徴や行動パターンを理解することを目的としています。

 

INFPは、そんなMBTIのタイプの1つであり、”仲介者型”とも呼ばれています。

INFPの主な特徴は内向性(Introversion)、直感(Intuition)、感情(Feeling)、知覚(Perceiving)です。

INFPは内向的な性格で、感受性が豊かで理想主義的な思考を重視します。

直感的に情報を受け取り、感情に基づいた意思決定をする傾向もあります。

 

以上の性質から、INFPは他人の感情に敏感であり共感力が豊かです。

創造的な思考を持ち、芸術や文学などの表現活動に興味を持つことも多いです。

 

また、他者とのつながりや人道的な価値を重視し、深い絆を築くことに喜びを感じます。

 

MBTIの中でのINFPの位置づけは、内向的な直感型であり、感情を重視することが特徴です。

内なる世界に向き合い、深い洞察力や創造性を発揮することがあります。

この理解を通じて、INFPの恋愛傾向や相性について探求していきましょう。

 

INFPとは?性格・特徴

INFPは「仲介者型」とも呼ばれるように、中立的で自分自身と周囲の人への理解を深めようとします。

また、価値観や哲学、成長、人間関係などの話に興味を持ちやすいです。

 

そんなINFPの性格や特徴をさらに深堀してみてみましょう。

 

  • 内向性(Introversion)
    INFPは内向的で、内なる世界に向き合うことを好みます。
    自己反省や内省を通じて自己理解を深め、個別性や独自の価値観を大切にします。
  • 直感(iNtuition)
    INFPは直感的な思考を重視します。彼らは未来や可能性に敏感で、直感的に情報を受け取ります。
    理論や抽象的な考えに興味を持ち、創造的な思考を発揮することがあります。
  • 感情(Feeling)
    INFPは感情を重視し、自分自身や他人の感情に敏感です。
    共感力があり、他人の感情に共感し、理解しようとします。
    また、自分の感情を大切にし、価値観や信念に基づいた意思決定をします。
  • 知覚(Perceiving)
    INFPは柔軟性を持ち、新しい情報や状況にオープンな姿勢で接します。
    自由な発想を大切にし、予測可能なルーティンにとらわれることを避けます。 

INFPは内向的で情緒豊かな性格を持ち、深い洞察力や創造性を発揮することがあります。

他者とのつながりや人道的な価値を重視し、自分自身や他人の内面的な世界に関心が深いです。

 

また、内向きなベースと好奇心が強い性質から、ネットとの親和性が高いとも言われます。

 

INFPのメリット・デメリット

INFPの性格には、さまざまなメリットとデメリットがあります。以下にそれぞれの特徴をご紹介します。

 

まずはメリットから。

メリット
  • 深い共感力
    INFPは他人の感情に敏感で、共感力があります。彼らは相手の気持ちを理解し、思いやりを持って接することができます。
    この特性は人間関係の中で深い絆を築くのに役立ちます。
     
  • 豊かな内面世界
    INFPは内向的で、自分自身と向き合う時間や内省を大切にします。
    豊かな内面世界を持ち、創造的な思考や豊かな感性を発揮することができます。
    これはパートナーに対して独自の視点やアイデアをもたらすことができます。
     
  • 理想主義と価値観の重視
    INFPは自分自身の価値観や信念を重視します。
    正義や公平さを追求し、自分の理想に基づいた行動をとります。
    この特性はパートナーシップにおいて相互の価値観を尊重し、共有することができます。
     

 

このメリットに対してデメリットもあります。

デメリット
  • 決断の難しさ
    INFPは感情や直感に基づいて行動する傾向がありますが、時に決断を下すことが難しいことがあります。
    選択肢や可能性を探求することが好きで、具体的な結論に至るまで時間を要することがあります。
      
  • 非現実的な傾向
    INFPは理想主義的な性格を持ち、現実の制約に対して敏感です。
    抽象的な考えや理想的な状況に惹かれる傾向があり、現実的な問題解決に苦労することがあります。
     
  • 過敏な感受性
    INFPは感受性が高く、他人からの批判や否定的な意見に敏感に反応することがあります。
    傷つきやすい一面を持ち、パートナーシップの中で適切なコミュニケーションや調和を保つことが課題となることがあります。
     

 

INFPの性格には、深い共感力や豊かな内面世界といったメリットがあります。

他人の感情を理解し、思いやりを持って接することができるため、パートナーシップの中で深い絆を築くことができます。

 

しかしその一方で、決断の難しさや非現実的な傾向といったデメリットもあります。

抽象的な考えや理想的な状況に惹かれますが、現実的な問題解決に苦労することがあります。

 

これらのメリットとデメリットを理解することで、INFPとの恋愛関係での相互理解を深め、共に成長していくことができます。

 

INFPの恋愛傾向

INFPの恋愛傾向には独自の特徴があります。

 

この記事では、INFPの恋愛スタイルや好きになりやすいタイプ、苦手なタイプについて解説します。

 

INFPの恋愛傾向を知ることで、自身の恋愛スタイルや相手との関係をより理解し、良いパートナーシップを築くためのヒントを得ることができるようになります。

 

ぜひこの記事を読んで、INFPの恋愛に関する知識を深めてみてください。

 

INFPの恋愛スタイル

先ほども書いたように、INFPは独特の恋愛スタイルを持っています。

 

この項目ではそんなINFPの恋愛スタイルの特徴をご紹介します。

 

  • 深い感情への没入
    INFPは感情的であり、恋愛においても深く感じることが特徴です。
    ロマンチックな気質を持ち、相手とのつながりを深めることに喜びを感じます。
    INFPの愛は熱く真摯で、相手に対して深い思いやりを持って接します。
     
  • 理想のパートナー探し
    INFPは理想主義者であり、自分に合った理想的なパートナーを求める傾向があります。
    相手の内面や価値観に深く共感し、共有することを重視します。
    そのため、相性や相互の理解が重要な要素となります。
     
  • 時間と空間の必要性
    INFPは内向的な性格を持ち、自分自身との時間や空間を大切にします。
    自分の内面に向き合い、自己成長や内省を重視します。
    これはパートナーシップにおいても反映され、一人の時間やプライバシーを必要とすることがあります。
     
  • 直感と感情の重視
    INFPは直感や感情に基づいて行動する傾向があります。
    自分の内なる声や直感に従い、自分自身と相手との関係を築いていきます。
    感情的なつながりや直感的な意思決定は、恋愛において重要な要素となります。
     

 

INFPの恋愛スタイルは、感情的でロマンチックな特徴があります。

 

深い感情への没入を好み、パートナーとのつながりを大切にします。

また、理想のパートナーを求める傾向があり、相手の内面や価値観に共感し、共有することを重視します。

さらに、自己成長や内省を大切にするため、一人の時間やプライバシーを必要とすることもあります。

 

直感や感情に基づいて行動し、自分自身と相手との関係を築いていきます。

 

これらの特徴を理解することで、INFPとの恋愛関係をより深め、相互の幸福を追求することができます。

 

INFPが好きになりやすいタイプは?

INFPは独自の魅力を持ち、特定のタイプとの相性が良い傾向があります。

 

以下にINFPが好きになりやすいタイプの特徴をご紹介します。

 

  • ENFJ(主人公型)
    ENFJは情熱的で思いやりのある人です。
    社交的でチャーミングな性格を持ち、人々を引きつけます。
    INFPはENFJの温かさや理解力に惹かれ、深い絆を感じることがあります。
     
  • INFJ(提唱者型)
    INFJもINFPと同じく理想主義者であり、感受性が豊かです。
    内向的で洞察力があり、INFPと深いつながりを築くことができます。
    お互いの感情や理念を理解し合えるため、相性が良いと言えます。
     
  • ENFP(運動家型)
    ENFPは外向的で活気に満ちた人です。
    冒険心旺盛で自由奔放な性格を持ち、新しい経験を求めます。
    INFPはENFPのエネルギーや創造性に魅了され、共に新たな世界を探求することができます。
     
  • ISFP(冒険家型)
    ISFPは感性が豊かで芸術的な才能を持つ人です。
    繊細で優れた美的センスを持ち、感情表現において深い共感を示します。
    INFPはISFPの創造力や感性に共感し、芸術や美についての価値観を共有することができます。
     

 

INFPが好きになりやすいタイプは、情熱的で思いやりのあるENFJや、理解力のあるINFJです。

 

また、外向的で冒険心旺盛なENFPや、感性が豊かな芸術家型のISFPにも惹かれる傾向があります。

 

これらのタイプとは共通の価値観や感情を共有しやすく、深い絆を築くことができます。

 

INFPは相手の内面や感性に魅了されるため、これらのタイプとの関係が特に相性が良いと言えます。

 

INFPが苦手なタイプは?

INFPは他の人との相性が良い一方で、一部のタイプとは相性が悪い場合もあります。

 

以下にINFPが苦手なタイプの特徴をご紹介します。

 

  • ESTJ(幹部型)
    ESTJは現実的で実用的な人です。
    組織的で合理的な思考を持ち、ルールや計画に基づいて行動します。
    INFPはESTJの強い論理性や実用主義的な価値観に対して、自分の感情や理想主義との相違を感じることがあります。
     
  • ENTJ(指揮官型)
    ENTJはリーダーシップに優れた人です。
    目標志向で組織的な思考を持ち、効率的な結果を追求します。
    INFPはENTJの強い論理性や直接的なコミュニケーションスタイルに対して、感情的で直感的な自分との相違を感じることがあります。
     
  • ESTP(起業家型)
    ESTPは冒険心旺盛で行動的な人です。
    現実的な視点を持ち、即興的な行動を好みます。
    INFPはESTPの現実的で直接的なコミュニケーションスタイルに対して、自分の抽象的な思考や感情との相違を感じることがあります。
     

 

INFPが苦手なタイプとしては、現実的で実用的なESTJや、組織的な思考を持つENTJが挙げられます。

 

また、冒険心旺盛で行動的なESTPとも相性が悪いことがあります。

 

これらのタイプとは価値観や思考スタイルが異なるため、相互理解が難しい場合があります。

 

INFPは感情や理想を重視するため、これらのタイプとの関係においては相性が悪いと言えます。

 

ただし、相性は人それぞれによって異なるため、個別の関係においてはさまざまな要素が関与します。

 

INFPの恋愛相性

INFP(仲介者型)の恋愛相性は、相手のタイプによって異なる特徴があります。

 

この記事では、INFPの恋愛相性に焦点を当てて、相性の良いタイプや相性の悪いタイプ、そしてINFPに惹かれるタイプについて紹介してみます。

 

INFPの恋愛傾向や特性を理解することで、自身の恋愛スタイルや相手との関係をより深めるためのヒントを得ることができるでしょう。

 

INFPの恋愛相性について知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

 

INFPとの全体的な恋愛の相性

INFP恋愛相性グラフの画像

 

高いほど相性が良いので、INFPは最高にしています。

ENFP>INFJ>ISFPと続いていますね。

 

一番合わなさそうなのはISTPで、ESTP>ESFJとなると思っています。

 

特に良さそう、合いにくそうなタイプとの相性を深堀してみます。

 

ただ、この一覧は一般的な傾向に私の主観を多分に含めたもので、実際は個人の好みや経験などによってかなり変わってきます。

都合の良いように解釈して覚えてくださいね。

 

INFPとの恋愛相性が良いタイプ

INFP(仲介者型)は、他の人との相性が良い一方で、特定のタイプとは恋愛面での相性が良いとされています。

この項目では、INFPとの恋愛相性が良いとされるいくつかのタイプについてご紹介します。

 

この記事を読むことで、INFPが恋愛面での相性において注目すべきタイプや共通の特徴を知ることができます。

 

INFPとINFPとの恋愛相性

INFP同士は一番相性が良いと思っています。

 

その理由は以下になります。

良い面
  • 特性(内向性、直感、感情、柔軟性)が同じなので、お互いの考え方や感じ方を深く理解できます。お互いに内向的で感情的な傾向があり、深いつながりを築くことができます。
  • 価値観や目標が同じなことが多く、お互いに共感し合い、理解し合うことができます。
    なので、お互いのニーズや望みを満たすことができます。
  • INFP同士は、深い絆を築くことができます。お互いに内面的な世界に興味を持ち、思いやりや共感を通じて支え合うことができます。

 

簡単に言うと、同じタイプなので気が合うという話ですね。

 

反対に悪い面もあります。

悪い面
  • 同じ弱点を持つため、実践的な問題や意思決定に苦しむ可能性があります。INFPは実際的な問題に対して慎重になりがちであり、両者ともに決断を下すことに苦労することがあります。
  • 両者ともに感情に敏感であるため、ネガティブな感情や衝突が生じた場合には相互の感情が影響し合いやすくなるかもしれません。お互いが過度に感情的になることで、意見の相違や問題が拡大する可能性があります。

 

お互いに共感力た高いので、言いたい事をはっきりと言いづらいというのはよく起こりそうですね。

 

INFP同士の恋愛関係は、お互いの内面的な世界や感情を深く理解し合うことができるため、非常に特別で深い絆を築くことができます。

 

ただし、意思決定には注意が必要であり、感情的な衝突が生じた場合には相互の理解とコミュニケーションが重要となります。

 

しろ
しろ

INFP同士の恋愛は気が合うので楽だと思う!

その代わり、相手の事を考えすぎて話が進みにくくなることに注意!

 

INFPとENFPとの恋愛相性

 

良い面
  • INFPとENFPはお互いに直感と感情を優先し、お互いの感情を理解し共感し合うことができます。
    なので、深い絆や感情的なつながりを築くことができます。
  • ENFPの外向性がINFPの内向性を引き出し、社交的な活動や新しい経験を通じてお互いの世界を広げることができます。ENFPは社交的で活発な性格であり、INFPにとって新しい視点や刺激を提供してくれます。

 

INFPとENFPは内向的か外向的かの違いがありますが、他の性質は同じです。

内向きなINFPを外向きなENFPが良い意味で引っ張ってくれることが多くなります。

 

また、感情的に深くつながり共感することができます。

 

悪い面
  • INFPとENFPは、実践的な問題や日常のタスクに対して注意力が散漫になりがちです。
    なので、生活の維持や具体的な計画に苦労する可能性があります。

 

反面、同じ性質として理想を求めすぎる部分があるので、日常での具体性が下がりがちです。

 

しろ
しろ

INFとENFPとの恋愛は感情的なつながりが深くなるので合っていますね!

どちらも理想を追い求めがちなので、現実に意識を向けてみましょう!

 

INFPとINFJとの恋愛相性

良い面
  • お互いの感情や思考を理解し、深く共感し合うことができます。なので、非常に特別で深いつながりを築くことができます。
  • INFJの洞察力と組織力は、INFPの理想や抽象的な考えを具体化する助けとなることがあります。INFJは他人のニーズや望みを理解し、それを実現するための計画を立てる能力があります。
    なので、INFPの理想を具体的な形に落とし込むことができます。

INFPとINFJとの恋愛ではお互いに感情と思考の性質が同じなので、共感しあい深いつながりを築けます。

 

悪い面
  • INFJは計画を立てることや組織的な取り組みを好みますが、INFPは柔軟性や自由を重視する傾向があります。
    なので、INFPが束縛されたり、自己表現の自由が制約されると感じることがあります。

INFJの組織的な性格が、個人的な価値観を持っているINFPにとって制約を感じることもあるため、コミュニケーションを大切にすることが重要です。

 

しろ
しろ

INFPとINFJとの恋愛も深い感情的なつながりになるので合っています!

違う部分もあるのでコミュニケーションをとってお互いの良さを引き出しましょう!

 

INFPとISFPとの恋愛相性

良い面
  • INFPとISFPはお互いの感情や思考を理解し、共感し合うことができます。これにより、深い絆を築くことができます。
  • ISFPの現実的な視点は、INFPの抽象的な直感を補完する役割を果たすことがあります。ISFPは具体的な経験や現実の詳細に敏感であり、実際の課題を解決するための手助けをすることができます。
    なので、INFPの理想を具体的な形に落とし込むことができます。

両者ともに内向性と感情を優先するため、深い感情的なつながりを築くことができます。

ISFPの現実的な視点がINFPの抽象的な直感を補完し、現実の課題に取り組む手助けをします。

 

悪い面
  • ISFPは現実的で実用的なアプローチを好み、具体的な事実や経験に基づいて行動します。一方、INFPは抽象的な考えや直感によって行動する傾向があります。
    なので、意思決定や価値観の違いが生じることがあります。

 

ISFPの実感的な視点と、INFPの抽象的な直感が衝突する可能性があります。

そのため、個性と意見の違いを尊重して強みを活かしあいましょう。

 

しろ
しろ

INFとISFPとの恋愛も感覚が似ていて深い感情的なつながりになるので合っています!

実感と直感での違いをコミュニケーションで埋めましょう!

  

INFPとENFJとの恋愛相性

良い面
  • ENFJは他人のニーズや望みを理解し、それを実現するための計画を立てる能力があります。これにより、INFPの理想を具体的な形に落とし込むことができます。
  • お互いに感情を優先する傾向があるため、深い感情的なつながりを築くことができます。

ENFJの外向性と組織力は、INFPの理想を具体化する助けになることがあります。

 

悪い面
  • ENFJは社交的で活発な性格であり、人々との関係や組織的な取り組みを重視します。
    一方、INFPは内向的で自由を重視する傾向があり、社交的な活動や組織的なアプローチには過度に圧倒されることがあります。

ENFJの社交性と組織的な性格は、INFPに圧倒されるように感じることがあります。

 

しろ
しろ

INFPとENFJとの恋愛は補完し合う部分が多くうまくコミュニケーションが取れればよいパートナーになれます!

お互いに理解し合い、無理のない関係が作れると良いですね!

 

INFPとINTPとの恋愛相性

良い面
  • 互いの考え方や価値観を深く理解し、共感し合うことができます。
    これにより、思考のレベルでのつながりを築くことができます。
  • INTPの論理的な思考は、INFPの感情を補完する役割を果たすことがあります。また、INTPは論理的な分析や問題解決に長けており、冷静な視点を提供してくれます。
    なので、INFPが感情的になりがちな場面でバランスを取ることができます。

INFPとINTPは内向性と直感を優先するため、深い思考的なつながりを築くことができます。

さらに、INFPが自分の世界に入り込み過ぎる時に、INTPの冷静で論理的な性質がバランスを取ってくれます

 

悪い面
  • INTPの論理的な思考とINFPの感情が衝突する可能性があります。INTPは論理的な分析や客観的な判断を好む傾向がありますが、INFPは感情に基づいて行動することが多いです。
    なので、意思決定や価値観の違いが生じることがあります。

INFPは感情ベースですがINTPは論理的で客観的なベースがあるように、物事を決めるポイントが正反対なのでぶつかることがあります。

 

しろ
しろ

INFPとINTPとの恋愛は補完し合う部分が多くうまくコミュニケーションが取れればよいパートナーになれます!

ただ、そのコミュニケーションのベースで違う部分があるので、お互いに歩み寄って理解し合うことが大事です!

  

INFPとINFPの恋愛相性が悪いタイプ

INFPは他の人との相性が良い一方で、一部のタイプとは恋愛面での相性が悪い場合もあります。

この項目では、INFPの恋愛相性が悪いとされるいくつかのタイプについてご紹介します。

ただし、相性には個人の好みや経験によるズレがありますので、あくまで一般的な傾向として捉えてください

 

この項目を読むことで、INFPが恋愛面での相性において注意すべきポイントや相互理解のためのヒントを得ることができます。

 

INFPとISTPとの恋愛相性

悪い面
  • ISTPは論理的な分析や客観的な判断を重視する傾向があり、感情的な要素を考慮することが少ないです。
    これにより、INFPが感情的な側面を表現し、理解されづらい状況が生じる可能性があります。
  • ISTPは自己主張が強く、個人の独立性を尊重する傾向があります。一方、INFPは深いつながりや情緒的な安定を求めることがあります。
    なので、お互いのニーズや価値観の違いが生じ、関係に緊張が生じる可能性があります。

ISTPの現実的で論理的な思考スタイルは、抽象的で感情的なINFPと対立することがあります。

また、ISTPの独立性と自由な精神は、深いつながりと一貫性を重視するINFPにとってストレスを感じることがあります。

 

良い面
  • ISTPは実用的で現実的な視点を持ち、具体的な問題解決に優れています。
    なので、INFPの理想や抽象的な考えを現実の形に落とし込む助けになることがあります。

INFPとISTPは相性としては悪いと思いますが、良い面ももちろんあります。

ISTPの実感的な視点が、INFPの理想を実現する支援となる可能性があります。

 

しろ
しろ

INFPとISTPとの恋愛はベースの部分が大きく違うので相性としては悪いです。

ただ、違うからこそ得られるものもあるので、お互い違う部分も含めて理解し合う意識が重要です!

 

INFPとESTPとの恋愛相性

悪い面
  • ESTPの現実的で直接的なコミュニケーションスタイルは、抽象的で感情的なINFPにとってストレスを感じることがあります。ESTPは率直な表現や現実的な事実を重視し、感情に基づく意思決定にはあまり重点を置きません。
    これにより、INFPが感情的な側面を表現しにくい状況が生じる可能性があります。
  • ESTPは冒険心やスリルを求める傾向があり、常に新しい刺激を追い求めることがあります。一方、INFPは静かな環境や内省的な時間を大切にする傾向があります。
    なので、お互いのニーズやライフスタイルの違いが生じ、関係に緊張が生じる可能性があります。

ESTPは率直な表現や現実的な事実を重視し、感情に基づく意思決定にはあまり重点を置きません。

ESTPの活動的なライフスタイルは、内向的で穏やかなINFPにとって過度に圧倒的に感じることがあります。

 

良い面
  • ESTPは現実的な視点を持ち、直接的に行動することが得意です。これにより、INFPの理想や抽象的な考えを具体化する手助けになることがあります。
  • ESTPは社交的で活発な性格を持ち、多くの人々との関わりを楽しむ傾向があります。これにより、INFPが新たな人間関係や社会的なつながりを築くことができます。

ESTPの実感的な視点と社交性が、INFPの理想を実現する支援となる可能性があります。

ESTPの社交性は、INFPに新たな経験や刺激をもたらすことができます。

 

しろ
しろ

INFPとESTPとの恋愛はストレスと感じることが多いかもしれません。

でも、違う部分を活かしあえばお互いに世界が広がるので、相手にも自分にもしっかりと向き合ってみましょう!

 

INFPとESFJとの恋愛相性

悪い面
  • ESFJは社交的で人付き合いが得意であり、現実的な価値観や社会的なルールを重視します。一方、INFPは内向的で理想主義的な傾向があり、自分自身や他人とのつながりに対して深い意味や価値を追求します。
    これにより、お互いの価値観や優先順位の違いが生じ、関係に緊張が生じる可能性があります。
  • ESFJは社交的で忙しい生活を送り、計画的に行動する傾向があります。一方、INFPは内向的で自由な時間や思考の余地を求める傾向があります。
    なので、お互いのライフスタイルやニーズの違いが生じ、関係に緊張が生じる可能性があります。

ESFJの社交性と実用的な価値観は、内向的で理想主義的なINFPにとってストレスを感じることがあります。

ESFJの活動的で組織的なライフスタイルは、内向的で自由なINFPにとって過度に圧倒的に感じることがあります。

 

良い面
  • お互いに感情を重視し、他人の気持ちやニーズに敏感な傾向があります。これにより、お互いの感情や思考を共有し、深いつながりを築くことができます。
  • ESFJは人付き合いが得意であり、他人の幸福や安定を重視します。これにより、INFPが大切にする関係や共同の目標を実現するためのサポートを受けることができます。

INFPとESFJは感情を通じた深い理解と共感を築くことができます。

ESFJの社交性と思いやりのある性格は、INFPに対して温かさと支援を提供します。

 

しろ
しろ

INFPとESFJとの恋愛は価値観やライフスタイルの違いがストレスになることが多いです。

でも、感情を通じて理解することで共感し必要な部分を補え合えるのでしっかりとコミュニケーションを取るりましょう!

 

INFPとENTJとの恋愛相性

悪い面
  • ENTJは論理的な思考を重視し、効率的な意思決定を行う傾向があります。一方、INFPは感情や直感に基づく意思決定を好む傾向があります。
    これにより、お互いの意思決定スタイルやコミュニケーションスタイルの違いが生じ、誤解や摩擦が生じる可能性があります。
  • ENTJは行動力があり、多くのプロジェクトや活動に関与することが好きです。一方、INFPは内向的で静かな環境や自己の内面に向き合うことを好む傾向があります。
    なので、お互いのライフスタイルやニーズの違いが生じ、関係に緊張が生じる可能性があります。

ENTJの強い論理性と直接的なコミュニケーションスタイルは、感情的で直感的なINFPにとってストレスを感じることがあります。

ENTJの活動的なライフスタイルは、内向的で穏やかなINFPにとって過度に圧倒的に感じることがあります。

 

良い面
  • ENTJの論理的な思考と組織的な性格が、INFPの理想を実現する支援となる可能性があります。ENTJは分析的な思考を持ち、組織的に物事を進める能力があります。
    なので、INFPの理想や抽象的な目標を具体化する手助けになることがあります。

ENTJはリーダーシップや決断力に優れているので、INFPが尊敬し頼りにすることもあります。

 

しろ
しろ

INFPとENTJとの恋愛は感覚的な違いもあり、補うためのコミュニケーションもうまくいかないことも多いです。

でもINFPにとっては持っていない部分でもあるので、お互いにないものに価値を置いて認め合うことが重要です。

 

INFPとESTJとの恋愛相性

悪い面
  • ESTJは論理的な思考を重視し、現実的な価値観や効率性を重要視します。一方、INFPは感情や理想に基づく意思決定を好む傾向があります。
    これにより、お互いの価値観や意思決定スタイルの違いが生じ、誤解や摩擦が生じる可能性があります。
  • ESTJは行動力があり、計画的かつ組織的に物事を進める傾向があります。一方、INFPは内向的で自由な時間や思考の余地を求める傾向があります。
    なので、お互いのライフスタイルやニーズの違いが生じ、関係に緊張が生じる可能性があります。

ESTJの強い論理性と実用的な価値観は、感情的で理想主義的なINFPにとってストレスを感じることがあります。

ESTJの活動的で組織的なライフスタイルは、内向的で自由なINFPにとって過度に圧倒的に感じることがあります。

 

良い面
  • ESTJの実感的な視点と組織的な性格が、INFPの理想を実現する支援となる可能性があります。
  • ESTJは現実的な視点を持ち、物事を実践的に解決する能力があります。
    これにより、INFPの理想や抽象的な目標を具体化する手助けになることがあります。

ESTJは組織的で責任感が強く、信頼性を持って行動します。これにより、INFPが安心感を感じ、相手に頼ることができます。

 

しろ
しろ

INFPとESTJとの恋愛はストレスや誤解が生じやすい関係です。

お互いの良い所を意識して、補い合うことが大事です!

 

INFPに惹かれるのはどのタイプ?

これまでのはINFPと他タイプとの相性でしたが、ここではどんなタイプがINFPのことを恋愛的に意識しやすいか?という面で考えてみました。

 

  1. ENFJ
    情熱的で思いやりがあり、他者の感情やニーズに敏感なタイプです。INFPの繊細な性格や理想に共感し、深いつながりを感じることが多いとされています。
  2. ENFP
    自由奔放で創造的な思考を持つタイプです。INFPと共通の価値観や感性を持ち、お互いに刺激し合いながら深い関係を築くことができるとされています。
  3. INFJ
    洞察力に優れ、他者の感情やニーズを理解しようとする傾向があります。INFPの内面的な世界や理想に共感し、深い絆を感じることが多いとされています。
  4. ISFP
    感受性が豊かで芸術的な才能を持つタイプです。INFPと同じく感性を重視し、美や感情に敏感な関係を築くことができるとされています。

かなり私の主観が入っていますが、NとFの部分があると共感してくれやすく内向きになりがちなINFPを見てくれることも多いと思います。

 

ISFPはNはありませんが、感性を重視するので感情深いINFPに惹かれやすいと思います。

 

まとめ

この記事では

について紹介しました。

 

INFP(仲介者型)は、内向的で感受性が豊かです。

 

深い思考や創造性を持ち、人間関係や理想を大切にします。

 

恋愛スタイルは、ロマンチックで理想的な愛を求める傾向があり、感情に基づいた深い絆や共感を重視し、相手とのつながりを大切にします。

 

INFPは特に、同じINFPや情熱的なENFP、洞察力のあるINFJなどとの相性が良いです。

これらのタイプは、INFPの感性や理想に共感し、深い絆を築くことができます。

 

一方、INFPは相性の悪いタイプとして冷静なISTPや自己主張の強いESTP、現実的なESFJ、合理的なENTJ、組織的なESTJなどを苦手とすることがあります。

これらのタイプは、INFPの感受性や自由なスタイルとは対照的な特性を持っています。

 

相性の鍵は、お互いの特性を理解し、受け入れることです。

INFPとの関係を築く上で、コミュニケーションと共感が重要になります。

お互いの考えや感情をオープンに伝えることで、豊かな関係を築くことができます。

 

INFPと他のタイプとの相性は個人によって異なることを念頭に置きつつ、お互いを尊重し、成長や調和を促進する関係を築いていきましょう。

\1分で無料登録!/

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)

 

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA