INFPの電話苦手対策!恋愛での使い方も紹介!

「電話の着信音が鳴るたびに、心がちょっとだけ重くなる。。。」

INFPのあなたには、そんな電話へのが苦手意識があるかもしれませんね。

でも、INFPの共感力を活かせれば、電話は敵ではなく、あなたの魅力を伝えるための強力なツールになるんです。

 

テーマ(クリックで移動します↓)コツとアクション
INFPにとっての電話とは電話を通じての共感・繋がりのための理解
INFPのための電話コミュニケーション法感情の素直な表現と聞くことを大切に
INFP用の恋愛での電話の使い方感情を共有し、絆を深める
INFPが電話で自己表現をするためのポイント相手に合わせた電話で強みを活かす

この記事では、INFP特有の感受性を活かし、電話でのコミュニケーションを楽しむための具体的な方法をご紹介します。

相手の心に寄り添いながら、自分らしさを伝える話題の選び方、感情を共有する聞き方、そして心を開くためのタイミング。

 

これらをうまく使えれば、電話を通じての深いつながりをえることが、きっとあなたにもできます。

ぜひ、新しい電話の使い方を試してみませんか?

 

\この1冊でINFPが分かる!/

ワンコイン!

 

INFPにとっての電話とは

INFPにとって電話は、単なるコミュニケーションツール以上のものです。

深い感情と繊細な心理機能を持つINFPにとって、電話一本が大きな意味を持ちます。

このセクションでは、電話に対するINFPの心理、苦手意識の原因と対処法、そして電話を通じて深いつながりを築くための特性について掘り下げていきます。

  • 電話が苦手なINFPの心理
  • 電話を避けたくなる瞬間とその対処法
  • 電話を通じた深いつながりを求めるINFPの特性

 

電話が苦手なINFPの心理

INFPが電話を苦手と感じるのは、Fi(内向的感情)の影響が大きいです。

自分の内面の感情を大切にするINFPにとって、電話ではその感情を十分に伝えられないと感じることがあります。

また、Ne(外向的直観)によって、電話の向こう側で起こっていることを想像しすぎてしまい、不安を感じることも。

電話のピンポンという音が鳴るたびに、心臓がドキドキしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

 

しろ
しろ

私は電話の着信音がなると一瞬ドキッとします。。。

 

電話を避けたくなる瞬間とその対処法

INFPは、予期せぬ電話やプライベートな時間を侵害されることに対して、特に敏感です。

Si(内向的感覚)が強いINFPは、過去の経験から「電話=緊急やトラブル」と連想してしまうことも。

このような瞬間には、まず深呼吸をして、Ne(外向的直観)を使ってポジティブな可能性を想像することが大切です。

たとえば、「友人からの楽しいお誘いかもしれない」と考えるなど、意識的に心の持ち方を変えてみましょう。

 

しろ
しろ

というかいきなり電話をかけるんじゃなくて「電話していい?」みたいなメッセージがほしい。

 

電話を通じた深いつながりを求めるINFPの特性

INFPは、電話を通じても深い心のつながりを求めます。

Te(外向的思考)が最も弱い機能であるため、論理的な情報交換よりも、無意識的に感情や価値観を共有する会話を重視します。

なので、電話での会話においても、相手の声のトーンや言葉遣いから、その人の感情を読み取れるし、共感を示すことで、心の距離を縮めることができるのです。

 

しろ
しろ

電話でもタイプによって全然違う使い方になるんですよね。

 

INFPのための電話コミュニケーション法

INFPにとって心地よい電話コミュニケーションを実現するためには、タイミングや話し方、聞き方が重要です。

ここでは、相手との信頼を築くための電話でのコミュニケーションスキルに焦点を当ててみましょう。

  • 心地よい会話を生む電話のタイミング
  • 相手との信頼を築く電話での話し方
  • 感情を共有するための電話での聞き方

 

心地よい会話を生む電話のタイミング

電話での会話が心地よくなるタイミングは、両者がリラックスしているときです。

INFPは、Ne(外向的直観)を活用して相手の状況を想像し、相手が忙しくないであろう時間帯を選ぶことが大切です。

例えば、仕事が終わった後の夕方や、週末の午後などが良いでしょう。

相手の時間を尊重することで、会話も自然と弾むはずです。

 

しろ
しろ

自分の部屋ではベッドに寝転んで電話をしたりしています。

 

相手との信頼を築く電話での話し方

信頼を築くための話し方には、相手の感情に寄り添う姿勢が必要です。

INFPのFi(内向的感情)を活かして、自分の感情を素直に伝えることで、相手も心を開きやすくなります。

また、相手の話に耳を傾け、共感を示すことで、より深い信頼関係を築くことができます。

 

しろ
しろ

心を込めて話すことで、信頼が深まるんだよ。

 

感情を共有するための電話での聞き方

よく聞くことが大事 話を遮らず、相手がすべてを話し終えるまで耳を傾けることが大切です。
これにより、相手は自分が尊重されていると感じ、よりオープンになります。
質問で深掘る「どう感じた?」や「それでどうしたいと思う?」など、相手の感情にフォーカスした質問をすることで、より深い会話につながります。
感情を伝える自分の感情を隠さずに伝えることで、相手も自分の感情を開示しやすくなります。

電話で感情を共有するための聞き方は、INFPにとって大切なコミュニケーションのスキルです。

この長所で相手の感情を理解し、共感を示すことで、より深いつながりを築くことができます。

INFPのFi(内向的感情)は、自分の感情を深く理解することに長けていますが、電話ではその感情を言葉にすることが大事です。

Ne(外向的直観)を活用して、相手の言葉の背後にある意味を読み取り、Si(内向的感覚)で過去の経験から相手の感情を推測することも有効です。

 

しろ
しろ

普段の会話の延長戦だと思えば、少しは抵抗感がなくなるかも?

 

INFP用の恋愛での電話の使い方

恋愛において電話は、INFPにとって大きな役割を果たします。

心を開くタイミング、デートの前後のコミュニケーション、遠距離恋愛での戦略など、電話を上手に使いこなすことで、恋愛をより豊かなものにすることができます。

  • INFPが心を開く電話のタイミン
  • デートの前後に電話を使うタイミング
  • 遠距離恋愛でのINFPの電話戦略

 

INFPが心を開く電話のタイミング

INFPが心を開くための電話のタイミングは、その人の心理状態や環境に大きく左右されます。

INFPは内向的であり、自分の時間を大切にするため、無理に電話をかけることは避けるべきです。

代わりに、心理機能のFi(内向的感情)とNe(外向的直観)を活用して、相手がリラックスしている時や、共有したい経験がある時に電話をかけると良いでしょう。

  • 相手がリラックスしている時間帯を選ぶ:
    例えば、週末の朝や夜、ストレスの少ない時間帯です。
  • 共有したい楽しい経験やニュースがある時に電話をかける
    お互いの喜びを共有することで、会話が弾み、絆が深まります。
  • 重要な決断をした後や、サポートが必要な時に電話をかける:
    相手に信頼されていることが伝わり、信頼関係を築くことができます。

 

しろ
しろ

相手がどうこうというより、あなたの中で相手が気を使わないようにタイミングを意識するイメージです。

 

デートの前後に電話を使うタイミング

デートの前後に電話を使うタイミングは、関係をより親密なものにするための絶好の機会です。

デート前には、Ne(外向的直観)を使って楽しい予感を共有し、デート後には、共有した経験に対する感謝を伝えることで、相手との絆を深めることができます。

また、INFPのSi(内向的感覚)を活用して、過去の良いデートの記憶を呼び起こし、それを次のデートにつなげることができます。

 

  • デートの数日前に電話をして、予定を確認する:
    これにより、お互いの期待を同じにすることができます。
  • デートの直後に感謝の気持ちを伝えるために電話をかける:
    相手にとって特別な思い出になります。
  • デートの感想を共有する:
    お互いの感想を聞くことで、次回のデートをより良いものにするためのヒントになります。

 

しろ
しろ

デート後の電話をすること自体が、自分が楽しかったことが伝わることにもなります!

 

遠距離恋愛でのINFPの電話戦略

遠距離恋愛においては、電話が二人のつながりを保つための重要な手段になります。

INFPは直接会うことが難しい状況であっても、電話を通じて感情の共有やサポートを提供することができます。

電話をするときにはSi(内向的感覚)を活かして、過去の楽しかった記憶を共有することで、物理的な距離を感じさせないようにすることができます。

Te(外向的思考)を使って相手との電話の時間をうまく調整してし、Fi(内向的感情)で感情を共有することが重要です。

 

  • 定期的な電話のスケジュールを立てる:
    これにより、お互いの生活に安定感をもたらし、期待を持って会話を楽しむことができます。
  • 特別な日や記念日には、電話を通じてお祝いの言葉を伝える
    お祝いと一緒に普段の感謝なども伝えることで、絆がより深まります。
  • お互いの日常を共有するために、電話での「日記」のような会話をする:
    日々の小さな出来事を共有することで、距離を感じさせないようにすることができます。

 

しろ
しろ

遠距離だからこそ、メッセージよりも電話で少しでも近くに感じていたいですよね。

 

INFPが電話で自己表現をするためのポイント

電話での自己表現は、INFPにとって少し難しいかもしれませんが、いくつかのヒントを活用することで、自分らしさを伝えることができます。

話題の選び方や言葉選び、沈黙の活用方法など、自己表現のためのコツを見ていきましょう。

  • 自分らしさを伝えるための電話での話題
  • 電話で感情を伝える際の言葉選び
  • 電話での沈黙を心地よい休息に変えるコツ

 

自分らしさを伝えるための電話での話題

INFPが電話で自分らしさを伝えるには、内面の豊かな世界を共有することが鍵です。

自分の価値観や感動を話題にすると、自然と熱が入ります。

 

読書や映画、趣味など、自分の興味を反映する話題を選ぶと良いでしょう。

これにより、感情豊かなINFPが自分らしさを伝えやすくなります。

 

また、過去の楽しい経験をSi(内向的感覚)で振り返り、Te(外向的思考)を使って話題を整理し、ポイントを絞って伝えることで、相手にも自分を理解してもらいやすくなります。

自分らしい話題で、心地よい電話の時間を楽しんでください。

 

しろ
しろ

自分の興味を話題にすると、会話も自然と弾むいますね。

 

電話で感情を伝える際の言葉選び

INFPが電話で感情を伝える際、言葉選びは大切です。

内面の感情を外に出すのに慎重なINFPですが、感情の背景を説明することで、相手に深い理解を促せます。

例えば、嬉しいことを伝えるにも、なぜ嬉しいのか、何があったから嬉しいのかなどの背後にある具体的な出来事を共有することで、感情が生き生きと伝わるのでおすすめです。

 

また、過去の経験をSi(内向的感覚)で振り返り、Te(外向的思考)を使って論理的に感情を説明することも、相手の理解を深めます。

自分の心を開くことで、より深い絆が築けますので、素直な言葉で感情を伝えてみましょう。

 

しろ
しろ

INFPの言語化能力を駆使して、感情の背後までも伝えてみましょう。

 

電話での沈黙を心地よい休息に変えるコツ


電話での沈黙はINFPにとって緊張の瞬間ですが、自分の感情を整理して、次に伝えたいことを考える時間としてみましょう。

過去の楽しい記憶から、会話を再開するきっかけにするのも向いています。

 

また、Te(外向的思考)を活用して相手に質問をすることで、自然と会話が流れるようになります。

沈黙もコミュニケーションの一部として楽しむことが大切です。

 

しろ
しろ

沈黙をプラスに活用して、改めてペースを作りましょう。

 

まとめ:INFPの共感力を活かして、電話で心を通わせよう

要素コツとアクション
INFPにとっての電話とは電話を通じての共感・繋がりのための理解
INFPのための電話コミュニケーション法感情の素直な表現と聞くことを大切に
INFP用の恋愛での電話の使い方感情を共有し、絆を深める
INFPが電話で自己表現をするためのポイント相手に合わせた電話で強みを活かす

INFPが電話でのコミュニケーションを深めるには、共感力を最大限に活かすことが鍵です。

電話では、相手の話にじっくり耳を傾け、共感を示すことで、相手も心を開きやすくなります。

 

聞き手としての姿勢を大切にし、相手の感情や話題に寄り添うことで、自然と信頼関係が築かれます。

恋愛では、感情を共有することで相手との絆を深めることができ、自分らしさを伝える際には、相手の興味に合わせた話題を選ぶことで、より強い共感を引き出すことができるでしょう。

 

このように、INFPの共感力を活かすことで、電話はより心温まるコミュニケーションツールへと変わります。

しろ
しろ

ぜひ電話をINFPの武器にしてみてください!

 

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA