INFPと相性悪いタイプはどんな人?関係を保つ方法も紹介

理想の恋愛は誰しもが望んではいるものの、なかなか理想通りにいかないですよね。

感情豊かで内向的なINFPは、理解あるパートナーを見つけるのが難しいかもしれません。

 

この記事では、INFPの恋愛の特徴と相性の良い・悪い性格タイプを詳しく解説し、理想のパートナーと出会うための具体的な方法を提供します。

項目詳細
相性の良い性格タイプENFJ, ENFPなど感情豊かで共感的なタイプ
相性の難しい性格タイプESTJ, ISTJなど論理的で現実的なタイプ
パートナー選びのポイント共感性、理解力、心の繋がりを重視
恋愛におけるINFPの特徴,深い感情を持ちながら控えめな自己表現
出会いの場友人の紹介、共通の趣味を持つコミュニティ、街コン

友人の紹介から共通の趣味を持つまで人の見つけ方など、深い理解と共感を持つパートナーとの関係を築く方法も紹介します。

深いつながりのある恋愛がINFPにとって理想に近い恋愛です。

自分からは動き出しづらいINFPですが、できることから少しずつ頑張ってみませんか?

 

\この1冊でINFPが分かる!/


kindleunlimitedの読み放題対象!

 

INFPと相性が良い・悪い性格タイプ

INFP型のあなたにとって、人間関係は深く影響力のあるものです。

ここでは、相性が良いとされる性格タイプと、苦手とされる性格タイプを探り、より調和のとれた人間関係を築くヒントを提供します。

  • 相性が良い性格タイプとは?
  • 相性が悪い性格タイプは論理的で現実的なタイプ
  • 相性の難しさを乗り越えるためのコミュニケーション方法

 

相性が良い性格タイプとは?

INFPのあなたにとって、相性が良い性格タイプを見つけることは、充実した人間関係を築く上で不可欠です。

一般的に、ENFJやENFPなど、感情豊かで共感的な性格タイプとの相性が良いとされます。

これらのタイプは、INFPの感情の深さや創造性を理解し、価値観を共有することができます。

また、お互いに理想を追求することができるため、深い精神的な結びつきを築くことが可能です。

相性の良い関係では、安心感や相互理解が育まれ、両者が自己実現を目指すことができます。

 

しろ
しろ

理想を共有できる人との出会いを大切にしましょう

 

相性が悪い性格タイプは論理的で現実的なタイプ

一方、相性が悪いとされる性格タイプとの関係は、INFPにとって難しいものとなることがあります。

特にESTJやISTJなど、実用的で秩序を重んじる性格タイプとは、価値観の違いやコミュニケーションスタイルの相違により摩擦が生じやすいです。

これらの性格タイプは、INFPの感情的な側面や理想主義を理解しにくいと感じることがあり、相互の理解を深めるためには両者の努力が必要となります。

相性が難しい関係では、お互いの違いを受け入れ、適切なコミュニケーションを通じて理解を深めることが重要です。

 

しろ
しろ

相違を認識し、互いを尊重しましょう

 

相性の難しさを乗り越えるためのコミュニケーション方法

相性の難しさを克服するためのコミュニケーションには、相手の視点を理解し、適切に反応する能力が必要です。

まず、相手の言葉を注意深く聞き、その背後にある感情や意図を理解しようとする姿勢が大切です。

ここでは、アクティブリスニングが役立ちます。

アクティブリスニング(能動的な傾聴)は、コミュニケーション方法の一つで、話し手に対して積極的かつ注意深く耳を傾け、理解しようとする態度を指します。

この技術は、単に話を聞くだけではなく、話し手の感情や意図を深く理解しようとする姿勢を重視します。

アクティブリスニングには以下のような要素が含まれます

  1. 非言語的なサインの使用:頷きや目の合わせ方などの身振り手振りで、話し手に注意を払っていることを示します。
  2. 反復:話し手の言葉を繰り返すか要約して反映することで、理解できているかの確認をします。
  3. 質問:開いた質問(はい、いいえで答えられない質問)を使って、話し手にさらに詳しく話してもらうよう促します。
  4. 感情の反映:話し手の感情を言葉にし、感情的なレベルでの理解を示します。
  5. 共感:話し手の立場を理解し、共感を示します。
  6. 中断を避ける:話し手が自分の考えを完全に表現できるよう、中断せずに聞きます。

アクティブリスニングは、相互理解と信頼を築くために非常に有効な方法です。

これにより、コミュニケーションがより深く、効果的になり、誤解が減り、関係が改善されることが期待できます。

 

また、自分の感情や考えを明確に伝える際には、非難や批判を避け、具体的な事例を挙げて説明することが効果的です。

例えば、特定の行動や状況がどのように感じさせるかを共有し、解決策を一緒に考えるアプローチをとります。

さらに、お互いの違いを認識し、それを尊重することで、相性の難しい関係でも健全なコミュニケーションが可能になります。

定期的な対話や、お互いの感情やニーズについて話し合うことは、理解を深め、関係を強化するのに役立ちます。

 

しろ
しろ

相手の視点を理解する努力が重要ですが、INFPにとっては実は得意技でもあります。

 

INFPの恋愛の特徴とパートナー選び

INFPが恋愛において大切にするものとは何でしょうか?

このセクションでは、INFPの独特な恋愛観と、理想のパートナー選びにおける重要なポイントを解説します。

  • INFPの恋愛観とは?
  • パートナー選びで重視するのは心のつながり
  • 自分から動くことが重要

 

INFPの恋愛観とは?

INFPの人々は、恋愛において深い感情と情熱を持ちつつも、それを控えめに表現する傾向があります。

彼らは内心ロマンチストであり、精神的な結びつきや心の繋がりを重視し、表面的な関係よりも、相手の真実の姿を見抜くことに重きを置きます。

感情の深さを共有できる関係を築くことが重要であり、相手に対する深い共感と理解が求められます。

INFPは、相手の感情や状況に対する敏感さを持っており、パートナーの悩みや問題に対して深い理解や共感を示すことができるのが特徴です。

 

しろ
しろ

真実の愛を追い求め、心の深さを共有しましょう。

 

パートナー選びで重視するのは心のつながり

INFPがパートナー選びで重視するポイントは、共感性、理解力、心の繋がりです。

彼らは自分の深い感情を理解し、受け入れてくれる人を求めており、共感的な関係を築くことが重要です。

また、創造的な思考や趣味を共有できる相手を好む傾向もあります。

INFPはよく自己犠牲的な愛情を示すことがあり、愛する人のためなら自己犠牲も厭わない性質があります。

しかし、過度に自分を犠牲にすることで、自分自身の感情やニーズを蔑ろにすることもあるため、バランスの取れた関係性が重要です。

 

しろ
しろ

心が通じ合うパートナーを見つけ、健全な関係を築きましょう。

 

自分から動くことが重要

INFPにとって最適なパートナーを見つけるためには、自分の内面を理解し、受け入れてくれる相手との出会いを大切にすることが重要です。

また、受動的なアプローチを取りがちなINFPは、相手からの働きかけを待つことが多いため、自ら積極的にコミュニケーションをとることも重要です。

共通の趣味や興味を持つ人々との交流を通じて、自然な形で関係を築いていくことがおすすめです。

 

しろ
しろ

積極的にコミュニケーションをとり、共通の趣味を持つ人との出会いを大切にしましょう。

 

相性が悪いとされる性格タイプとの付き合い方

相性が悪いとされる性格タイプとの関係は、特にINFPにとって難しいものです。

ここでは、異なる性格タイプとの関係を改善し、より良いコミュニケーションを築く方法について探ります。

  • 相性が悪い性格タイプとのコミュニケーションのコツ
  • 価値観の違いを乗り越える方法
  • 相性が悪いタイプと良い関係を保つためには

 

相性が悪い性格タイプとのコミュニケーションのコツ

相性が悪いとされる性格タイプとの関係では、お互いの違いを理解し、受け入れることが重要です。

INFPは感情豊かで、内面の世界を大切にするため、論理的で現実的な性格タイプとのコミュニケーションには工夫が必要です。

相手の意見や価値観を尊重し、自分の感情や考えを明確に伝えることで、理解を深めることができます。

また、異なる視点からの意見を受け入れることで、自分の視野を広げることも可能です。

 

しろ
しろ

相手の視点を尊重し、お互いの違いから学びましょう。

 

価値観の違いを乗り越える方法

価値観の違いは、相性が悪いとされる関係での大きな障害となります。

INFPは自分の価値観や理想を重視するため、対照的な性格タイプとは摩擦が生じやすいです。

このような場合、互いの価値観を理解し、尊重することが大切です。

お互いの違いを認め合い、共通点を見つける努力をすることで、価値観の違いを乗り越えることができます。

 

しろ
しろ

価値観の違いを乗り越え、理解を深めましょう。

 

相性が悪いタイプと良い関係を保つためには

相性が悪いとされる性格タイプとの関係を良好に保つためには、相手に期待しすぎないこと、自分の感情を適切に管理することが重要です。

INFPは時に相手に理想を抱きすぎることがありますが、実際の相手を受け入れ、現実的な関係を築くことが大切です。

また、自分の感情やニーズを適切に表現し、相手とのバランスをとることが重要です。

 

しろ
しろ

現実的な関係を築き、自分自身の感情を大切にしましょう。

 

INFPの深い感情の理解と表現

INFPの人々は感情が豊かであり、それをどのように理解し表現するかは重要な課題です。

このセクションでは、INFP型の感情の深さを理解し、それを健康的に表現する方法を探ります。

  • 感情の深さを理解してもらう方法
  • 自分の感情などの頭の中を中心に話すことで伝わる
  • 感情を共有することの重要性

 

感情の深さを理解してもらう方法

INFP型は、感情が非常に豊かで、他タイプより内面の世界が深く複雑です。

これらの深い感情をパートナーや周囲の人々に理解してもらうには、自分の感情を正直かつ積極的に表現することが重要です。

自分の感情や考えを日記や創作活動を通じて表現することで、他者に自分の内面をより深く理解してもらうことができます。

また、信頼できる人に対しては、自分の感情を素直に話し、共感を求めることも効果的です。

 

しろ
しろ

自分の感情をオープンに表現し、理解を深めましょう。

 

自分の感情などの頭の中を中心に話すことで伝わる

INFPが自分の感情を適切に表現するためには、自己認識を高めることが重要です。

自分の感情や反応のパターンを理解し、それらを言葉にする練習をすることが助けになります。

また、感情を表現する際は、攻撃的ではなく、自分の感情を中心に話すことが大切です。

たとえば、「私はこのように感じている」といった自分の感情に焦点を当てることで、より穏やかで効果的なコミュニケーションが可能です。

 

しろ
しろ

自分の感情を正直に、しかし穏やかに伝えましょう。

 

感情を共有することの重要性

感情を共有することは、INFPにとって非常に重要です。

自分の感情を共有することで、パートナーや友人との間に深い絆を築くことができます。

感情を共有することは、自分自身の感情を理解し、受け入れる過程でもあります。

共感と理解を得ることで、より満足のいく関係を築くことができるでしょう。

 

しろ
しろ

感情を共有し、深い絆を築きましょう。

 

INFPの恋愛における課題と解決策

恋愛におけるINFP型の独特な課題に直面した時、どのように対処すればよいのでしょうか?

ここでは、これらの課題を理解し、効果的な解決策を見つけるためのアドバイスを提供します。

  • INFPの恋愛は控えめでコミュニケーション不足が課題
  • INFPの恋愛における強みは共感能力と感情の豊かさ
  • 課題を乗り越えるための実践的なアドバイス

 

INFPの恋愛は控えめでコミュニケーション不足が課題

INFPが恋愛において直面する主な課題は、自分の感情の深さを相手に理解してもらうこと、および感情表現における控えめな姿勢です。

INFPは、自己表現において消極的であり、これが誤解やコミュニケーションの不足につながることがあります。

また、理想化された恋愛観を持つため、現実のパートナーとの間に期待と現実のギャップを感じることもあります。

 

しろ
しろ

誤解を防ぐために、自分の感情を積極的に表現しましょう。

 

INFPの恋愛における強みは共感能力と感情の豊かさ

INFPの恋愛における強みは、深い感情と共感能力です。

これらの特性を活かすためには、パートナーに対して誠実であり、自分の感情を素直に表現することが重要です。

また、パートナーの感情やニーズに敏感であるため、相手の気持ちを理解し、サポートすることで、信頼と絆を深めることができます。

 

しろ
しろ

共感と理解を通じて、深い絆を築きましょう。

 

課題を乗り越えるための実践的なアドバイス

INFPが恋愛において直面する課題を乗り越えるためには、自分の感情を理解し、適切に表現することが重要です。

まず、自己認識を深めることから始めましょう。

日記を書く、信頼できる友人やカウンセラーと話すなどで、自分の感情を理解し、整理する手助けができます。

 

次に、自分の感情をオープンかつ建設的に伝えるためのコミュニケーション技術を磨くことです。

これには、感情を正直に伝える際の「Iメッセージ」の使用や、聞き手の視点を考慮した対話が含まれます。

「Iメッセージ」とは、自己表現のためのコミュニケーション技術の一つで、自分の感情や考えを、相手を非難することなく伝える方法です。

これは、「あなたは~する」と相手を指摘するのではなく、「私は~を感じる」と自分の感情やニーズをメインに表現します。

Iメッセージの一般的な構造は次のようになります。

  1. 具体的な状況の記述:「いつ、どこで、何が起こったか」を客観的に述べます。
  2. 自分の感情の表現:その状況で自分が何を感じたかを述べます。
  3. その感情の原因となった具体的な行動または状況:自分の感情を引き起こした相手の特定の行動や状況を指摘します。
  4. 自分のニーズや望む変化:自分が何を必要としているか、どのような変化を望んでいるかを明確にします。

例えば、「あなたはいつも遅刻する!」と非難するのではなく、「昨日の約束に遅れたとき、私は失望したと感じました。時間通りに来てもらえると、私は安心できます」という感じです。

 

Iメッセージは、相手に防御的な態度を取らせず、自分の感情やニーズを正直に伝えることができるため、対人関係において効果的なコミュニケーションです。

 

 

さらに、パートナーとの関係においては、定期的な対話を行い、お互いの感情やニーズに対して敏感であることが重要です。

例えば、週に一度、お互いの感じたことや欲しいことについてオープンに話し合うことで、互いの理解を深まり、課題を乗り越えやすくなります。

これらのステップを通じて、INFPは恋愛における課題を克服し、より満足のいく関係を築くことができるでしょう。

 

しろ
しろ

少し頑張ってコミュニケーションを取ることが、INFPにとってとても大事。

 

INFPと相性が良い性格タイプとの関係構築

相性が良い性格タイプとの関係構築は、INFP型にとって喜びとなるものです。

ここでは、相性が良い人との出会い方から、関係を深め、長期的に維持するための秘訣までを探ります。

  • 相性が良い性格タイプとの出会い方
  • 関係を深めるためのコミュニケーション方法
  • 長期的な関係を築くための秘訣

 

相性が良い性格タイプとの出会い方

INFPにとって、相性が良い人との出会いは、友人の紹介、共通の趣味や興味を持つコミュニティなど、様々な場所で見つけることができます。

それぞれの方法には独自の利点があり、INFPに合った出会い方を選ぶことが重要です。

 

友人の紹介

友人の紹介は、信頼できる人からの推薦を通じて、安心して新しい人々と出会うことができる方法です。

友人が既に相手を知っているため、相手の性格や趣味について事前に情報を得ることができ、INFPにとって心地よい出会いを提供します。

 

しろ
しろ

信頼できる友人からの紹介は、安心して出会いを楽しむ良い方法です。

 

共通の趣味や興味を持つコミュニティ

共通の趣味や興味を持つコミュニティは、自分の好きな活動や趣味を通じて出会いを見つける方法です。

最近だとマッチングアプリを利用することで、自分の興味や性格に合った人を効果的に見つけることができますね。

マッチングアプリは、自分のプロフィールや好みを細かく設定できるため、相性の良い人を見つけやすく、INFPにとって理想的なツールとなります。

 

しろ
しろ

共通の趣味を持つ人との出会いをマッチングアプリで見つけましょう。

 

街コン

街コンは、地域コミュニティが主催するイベントであり、さまざまな人々との出会いを提供します。

このようなイベントでは、対面でのコミュニケーションを通じて、直接相手の雰囲気を感じ取ることができます。

INFPにとっては、新しい環境に飛び込むことが少し挑戦的かもしれませんが、多様な人々との出会いが期待できます。

 

しろ
しろ

街コンみたいな対面はINFPの苦手な部分でもあり、長所を活かせる部分でもあります。

 

関係を深めるためのコミュニケーション方法

相性が良い性格タイプとの関係を深めるためには、自己開示が鍵です。

感情をオープンに共有し、相手の意見や感情に敏感に反応することで、互いの理解を深めることができます。

また、一方的ではなく、お互いの話を聞き、共感し合うことで、より深い精神的な結びつきを築くことが可能です。

 

しろ
しろ

自己開示を活用して、関係を深めましょう

 

長期的な関係を築くための秘訣

INFPと相性が良い性格タイプとの長期的な関係を築くためには、お互いの成長と自己実現をサポートすることが重要です。

一緒に新しい経験をする、お互いの目標をサポートし合う、定期的にコミュニケーションを取り合うなど、関係を継続的に育てる努力が必要です。

お互いにとって意味のある活動を共有することで、関係はより強固なものになります。

 

しろ
しろ

共に成長し、お互いをサポートしあえるのが理想ですね。

 

まとめ|相性悪いタイプともコミュニケーションでなんとかなります

以下の表は、INFP型の恋愛に関する主要なポイントを簡潔にまとめたものです。

項目詳細
相性の良い性格タイプENFJ, ENFPなど感情豊かで共感的なタイプ
相性の難しい性格タイプESTJ, ISTJなど論理的で現実的なタイプ
パートナー選びのポイント共感性、理解力、心の繋がりを重視
恋愛におけるINFPの特徴,深い感情を持ちながら控えめな自己表現
出会いの場友人の紹介、共通の趣味を持つコミュニティ、街コン

この記事では、INFPの恋愛の特徴や相性の良い・悪い性格タイプを詳しく解説しました。

また、理想のパートナーと出会うための具体的な方法を提案し、INFPのあなたが真実の愛を見つけ、深い絆を築くための方法もお伝えしました。

理想の恋愛を実現させるために、これらのポイントを参考にしてください。

 

恋のお悩み、相談してみませんか?

周りには気づかないようなことまで色々と考え込んでしまうINFPにとって恋愛はかなり頭を悩ませることになりがちです。

自分の気持ちや感情を切り離すことができさえすれば目標達成にぐっと近づけるので、吐き出して整理するためにもプロの助けを借りるのは効果的です。

INFPのあなたにおすすめ出来るサービスとして下記で紹介しているのは電話恋愛相談と占いですが、

占いは未来の予言とかではなく、こちらが話すことを聞いてくれて、まとめて整理してくれる相談サービスだと思っています。

 

以下の電話相談サービスを利用して、あなたの恋愛の悩みを解消し、素敵な未来を手に入れましょう。

 

ピュアリウィルリノア恋ラボ
 料金/分260円~220円~220円~121円~
 通話料自己負担自己負担自己負担無料
(アプリ利用)
 無料特典初回10分間無料
(最大4400円分税込み)
最大6000円プレゼント(5月末まで)初回最大10分無料初回1000円分無料
在籍人数160人以上160人以上90人以上170人以上
営業時間24時間24時間24時間10~23時
(予約枠から)
特徴恋愛問題・復縁に強いタロット・霊感占いが人気親しみやすい占い師が多い恋愛専門の
カウンセリング
おすすめ先生
(公式ページ)
キアナ先生千手結叶先生柚花先生公式ページ
(PR:エキサイト)
INFPにおすすめの電話での恋愛相談サービス

 

最初の登録は面倒ですが、無料特典をすべて使うと合計で30分以上も相談ができます。

いきなり全部に登録はめんどくさいですが、友人などには言いづらい感情なども、会うこともない相談相手に話すだけでもかなりスッキリすることが実感できると思います。

ぜひ一度、INFPのエネルギーの根幹になる感情を整理するために相談してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA