INFPとは社会不適合者?感情のコントロールで超有能になれる!

「なぜ私は周りに溶け込めないの?」と感じたことはありませんか?

特にINFPタイプのあなたは、その内向性と独自の価値観から「社会不適合者」と言われがちです。

しかし、その「感情」は実はあなたの最大のエネルギー源になります。

この記事では、INFPが社会でどう見られがちなのか、心理機能や恋愛、仕事における特性、そして心のケア方法まで、幅広く解説します。

さらに、INFPが「大器晩成型」である理由と、その成熟した多角的な視点がどのように役立つのかも明らかにします。

 

テーマ(青文字をクリックでジャンプ↓)キーポイント
INFPが社会不適合者と呼ばれがちな理由内向性と独自の価値観が影響
INFPを心理機能から読み解く内向的感情が主機能、外向的直観で乗り越える
INFPの恋愛についてロマンチックでガードが固い
INFPの仕事についてライティングやクリエイティブ系が合う
INFPは理想と現実のギャップが大きい理想と現実の折り合いが必要
INFPの心のケア感受性の高さをケアする方法

この記事を読むことで、INFPの「感情」を理解し、その力を最大限に活かす方法を学べます。

自分自身を理解し、自分らしい生き方を手に入れるための第一歩、それがこの記事です。

ぜひ最後までお読みいただき、INFPとしての素晴らしい未来を手に入れてください。

 

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

INFPが社会不適合者と呼ばれがちな理由

INFPの一番重要な部分は、感情がエネルギーになること、感情が気にならなければやる気が起こらないことです。

上手くハマれば能力の高いINFPですが、ハマらないことには「できない人」扱いされてしまうことも多いです。。。

 

そんなINFPが社会不適合者と呼ばれがちな理由について解説します。

 

ベースは内向性と独自の価値観

INFPの人々が社会で「不適合者」と見られがちなのは、その内向性と独自の価値観に起因しています。

多くのINFPは、自分の感情がエネルギー源となり、その感情に従って行動する傾向があります。

これは、感情が気にならなければやる気が起こらないという特性にもつながります。

 

内向性とは、一般的には社交的な場よりも一人の時間を重視する性格のことを指しますが、心理学的な面でいうと一人の時間に充電するようなタイプのことを指します。

逆に、外向性は他人と接することで発電を行うタイプになります。

 

INFPの場合、この一人の時間が「バッテリーを充電する時間」となります。

社会的な場や他人とのコミュニケーションが好きか嫌いかは関係なく、どうしても疲れやすい状態になります。

そのコミュニケーションによる疲れやストレスを一人の時間で癒し、次の行動へのエネルギーを蓄えるのです。

 

独自の価値観とは、INFPが持つ独特の世界観や考え方です。

INFPは外向的直観という、様々な閃きのもとになる要素もあります。

問題に遭遇した時に解決する救世主のような閃きになることもあれば、ポンポンと他人からしたらよくわからない閃きを生み出すこともあります。

しかも、感情に従って生きるので、そのよくわからない閃きを実行することも多く、他人からしたら変な人扱いされてしまいがちです。

 

この内向性と独自の世界観が強いため、周囲と合わない場合には孤立してしまうことになります。

しかし、INFPにとって「感情のエネルギーの爆発力」と「独自の世界観」こそが最大の魅力であり、圧倒的な集中力・行動力や深い共感力のベースです。

 

しろ
しろ

正直INFPには、周りからどう見られようがあんまり気にせずに、感情に従って生きるのが良い気がします。

 

理想主義で感受性が高い

INFPは理想主義者であり、感受性が高いです。

このため、社会の不正や不平等に強く反応します。

しかし、内向的感情から、この敏感さが他人には理解されにくい場合もあり、その結果、社会不適合者と見られることがあります。

でも、この感受性が高い点は、人々の心に寄り添い、深い理解をもたらす力にもなります。

 

しろ
しろ

感受性は、他人の心に寄り添うINFPの重要なスキルです。

 

INFPと日本社会は価値観のずれが大きめ

一般的に、INFPと日本社会との価値観のずれは大きいです。

日本社会は集団主義が根付いているため、個々の価値観よりも集団の価値観が優先されがちです。

しかし、INFPは個々の価値観を大切にするため、この点でも摩擦が生じることがあります。

 

分かりやすく言えば、会社の細かいルールよりも、仕事の効率や自分のポリシーのようなものを優先するような部分ですね。

この摩擦を理解し、上手にコントロールすることで、INFPは社会で活躍する道を見つけることができます。

 

しろ
しろ

価値観の違いを理解したうえで、自分の能力を発揮できる環境を作ろう。

 

INFPを心理機能から読み解く

MBTI診断では、4つの心理機能をそれぞれ外向性か内向性かに分けて、心理機能をタイプ分けしています。

 

INFPの心理機能について、どのように自分自身を理解し、それを活かすことができるのかを解説します。

 

INFPのメイン機能は内向的感情

すでに出ていますが、INFPのメイン機能は内向的感情(Fi:Feel×Introversion)です。

これは、バッテリーのようなもので、感情に従って生きることで一番能力を発揮しやすいです。

この内向的感情は、自分自身の価値観や感情に深く寄り添い、それを大切にする力があります。

この力を理解し、活かすことで、INFPは多くの場面で自分らしさを発揮できます。

 

しろ
しろ

自分の感情を理解し、それを力に変えることがポイントです。

 

外向的直観で感情の低下を防ぐ

INFPのは外向的直観(Ne:iNtuition×Extroversion)を活用することで、何か失敗をした時でも感情の低下を防いだりできます。

また、INFPの強みであるいろいろな思いつきや閃きの元になるのも、外向的直観です。

この機能を活用し面白いアイデアを生み出すこと自体が感情のエネルギーを増幅することになります。

 

しろ
しろ

INFPは直観の信頼性がかなり高いです。

 

INFPは大器晩成型

INFPの感情と思考のバランス

INFPが持つ心理機能には、内向的感情(Fi)や外向的直観(Ne)以外にも、内向的感覚(Si)と外向的思考(Te)があります。

これらの機能が成熟するには時間がかかることが多く、INFPはしばしば「大器晩成型」と言われるのです。

 

Siは過去の経験や習慣に基づいて現在を理解する力です。

これが成熟すると、INFPは過去の失敗から学び、より堅実な判断ができるようになります。

 

一方で、Teは効率や論理を重視する力です。

Teが活発になると、感情だけでなく論理的な側面からも物事を考えられるようになり、バランスの取れた判断ができるようになります。

しかし、これらの機能は時間と経験を必要とします。

 

特に20代や30代前半ではまだ成熟していないことが多いですが、年齢を重ねるごとにこれらの機能がしっかりと働き始め、いろんな角度から物事を考えられるようになります。

 

だからといって焦る必要はありません。

大切なのは、自分自身を理解し、自分のペースで成長していくことです。

それがINFPにとって、最も自然体で力を発揮できる道になります。

 

しろ
しろ

自分の感情と直観をコントロールできるまでは時間がかかるので、焦らずにレベルアップしていきましょう。

 

感じることと考えること、INFPのバランスの取り方

感じることと考えること、INFPにとってこの二つのバランスが非常に重要です。

メイン機能のFi(内向的感情)とサブ機能のNe(外向的直観)、代替機能のSi(内向的感覚)と劣等機能のTe(外向的思考)をうまく使うことが、このバランスを取る鍵です。

 

例えば、感情が高ぶった時は外向的思考を使って論理的に考える。

逆に、論理的に考えすぎて行動できない時は、内向的感情や外向的直観に従って行動する。

 

このように、各機能をバランスよく使うことで、より円滑な人間関係や仕事が期待できます。

 

しろ
しろ

感情だけでも直感だけでも問題が起こります。それぞれのバランスが大事ですね。

 

INFPの恋愛について

INFPの恋愛における特徴と、その深い情熱について解説します。

 

INFPのロマンチックな一面と深い情熱

INFPは、恋愛において非常にロマンチックな一面と深い情熱を持っています。

この特性は、パートナーとの関係を非常に深く築ける力です。

 

しかし、INFPの感情は内向きです。

なので、深い情熱も普段は表面に出にくく、理解してもらうためにはコミュニケーションが必要になります。

この情熱を理解し合える関係を築くことで、INFPは恋愛で真に充実した時間を過ごすことができます。

 

しろ
しろ

ちょっと頑張って感情を表現するのがコツ。

 

恋愛ではガードが固く受け身

INFPは恋愛においてガードが固く、受け身になりがちです。

このため、相手からのアプローチを待つことが多く、機会を逃すこともあります。

 

しかし、このガードの固さは、信頼できる人にしか心を開かないという性質から来ています。

この特性を理解し自分から信頼関係を築くことが、INFPは恋愛で深い絆を形成するのに必要です。

 

しろ
しろ

挨拶だけ・一言話すだけみたいなことを意識して行うようにするのも方法の一つ。

 

デートで成功するための積極的アプローチ

デートで成功するためには、INFP自身が積極的なアプローチをすることが重要です。

受け身になりがちなINFPでも、少しの勇気で積極的に行動することで、相手との関係が大きく前進します。

 

例えば、好きなレストランや映画を提案するだけでも、相手に積極性を感じてもらえます。

このように少しの積極性が、大きな成功につながるのです。

 

しろ
しろ

少しの勇気が、大きな成功を生むよ。

 

INFPの仕事について

INFPが仕事でどのように活躍できるのか、そのポイントを解説します。

 

INFPにはライティング系やクリエイティブ系の仕事が合う

INFPには、ライティングやクリエイティブな仕事が非常に合っています。

このような仕事では、INFPの持つ独自の価値観や感受性が活かされ、高いパフォーマンスを発揮できます。

例えば、広告のコピーライティングや小説、詩の執筆などが考えられます。

このような仕事を通じて、INFPは自分自身を表現し、多くの人々に影響を与えることができます。

 

しろ
しろ

自分の才能を活かして、多くの人に影響を与えよう。

 

仕事での誤解

INFPは仕事場で誤解されやすいことがあります。

特に、独自の価値観や感受性が高いため、他の人とは違うアプローチをすることが多いです。

しかし、これが周囲からは「非協力的」や「マイペースすぎる」と誤解されることも。

そのため、自分の考えをしっかりとコミュニケーションすることが大切です。

例えば、プロジェクトの目的や方向性について、自分の考えをしっかりと伝えることで、誤解を解消できます。

 

しろ
しろ

自分の考えをしっかり伝えれば、誤解も解消するよ。

 

仕事で成功するためのコミュニケーション術

仕事で成功するためには、コミュニケーションが非常に重要です。

INFPは感受性が高く、人々の気持ちを理解する能力があるため、この点を活かしてコミュニケーションを取ると良いでしょう。

たとえば、チームメンバーが困っている時には、その人の気持ちを理解し、適切なアドバイスやサポートを提供できます。

このように、人々と深く関わることで、仕事でも高い評価を得ることができます。

 

しろ
しろ

人の気持ちを理解する力を、仕事で活かそう。

 

INFPは理想と現実のギャップが大きい

INFPは理想と現実のギャップが大きいとされています。

 

理想と現実への折り合いのつけ方

INFPは理想と現実のギャップに悩むことが多いです。

しかし、このギャップを埋めるためには、現実をしっかりと受け入れ、そこから少しずつ理想に近づいていくことが大切です。

具体的には、現状を冷静に分析し、どのようなステップを踏めば理想に近づけるのかを考えます。

このプロセスを通じて、理想と現実のバランスを取ることができます。

 

しろ
しろ

理想と現実、どちらも大切。バランスを見つけよう。

 

現実生活でうまくやるための小技

現実生活でうまくやるためには、小さな工夫が必要です。

INFPは感受性が高く、細かいことに気を取られがちですが、そのエネルギーをポジティブな方向に使う方法があります。

例えば、毎日のルーチンを作ることで、心に余裕を持つ時間を作りましょう。

また、感情の波が激しい時は、深呼吸や瞑想で落ち着きを取り戻すと良いです。

 

しろ
しろ

小さな工夫で、毎日をもっと楽しく。

 

INFPにおすすめの日常のライフハック

INFPには、日常生活で役立つライフハックがいくつかあります。

たとえば、感情を整理するために日記を書く、または感じたことを音声メモするなどが有効です。

これにより、自分自身の感情や考えに気づきやすくなります。

また、計画性が苦手な場合は、ToDoリストを活用することで、日々のタスクをスムーズにこなすことができます。

 

しろ
しろ

日常の小さな工夫が、大きな成果を生むよ。

 

INFPの心のケア

INFPの心のケアは非常に重要です。

 

感受性の高さとそのケア方法

INFPは感受性が高く、そのために心が疲れやすいことがあります。

しかし、この感受性はINFPの大きな魅力でもあります。

感受性が高いからこそ、他人の気持ちを理解したり、深い洞察を得ることができるのです。

そのため、感受性をコントロールすることが、社会でうまくやるための鍵です。

具体的には、感情の波を整えるために瞑想や深呼吸、自然と触れ合う時間を作ると良いでしょう。

 

しろ
しろ

感受性はINFPの魅力。だからこそ、大切にケアしてね。

 

自分を大切にするための自己肯定感の高め方

自分を大切にするためには、自己肯定感を高めることが重要です。

INFPは他人の評価に左右されやすい傾向がありますが、自分自身の価値を理解し、自分を受け入れることが大切です。

具体的な方法としては、自分の長所をリストアップしてみる、または自分を褒める習慣をつけることが有効です。

さらに、自分自身に投資する時間を作ることで、自己肯定感は自然と高まります。

 

しろ
しろ

自分を大切にすることで、人生がもっと豊かになるよ。

 

過去の影響と健康に向き合う方法

INFPは過去の経験や感情が現在に大きな影響を与えることがあります。

特に、過去の失敗やトラウマが心に重くのしかかることがあるでしょう。

しかし、そのような過去も自分自身を形成する大切な一部です。

過去と向き合い、その影響を理解することで、より健康的な心の状態を保つことができます。

具体的には、カウンセリングやセラピーや自己啓発の本を読むなどが有効です。

 

しろ
しろ

過去は変えられないけど、未来は自分で変えられる。

 

まとめ|INFPの個性を理解し、自分らしい生き方を手に入れよう

テーマキーポイント
INFPが社会不適合者と呼ばれがちな理由内向性と独自の価値観が影響
INFPを心理機能から読み解く内向的感情が主機能、外向的直観で乗り越える
INFPの恋愛についてロマンチックでガードが固い
INFPの仕事についてライティングやクリエイティブ系が合う
INFPは理想と現実のギャップが大きい理想と現実の折り合いが必要
INFPの心のケア感受性の高さをケアする方法

この記事では、INFPタイプの人々が社会でどのように見られがちなのか、その心理機能や恋愛、仕事についての特性、そして心のケア方法について詳しく解説しました。

INFPは内向的感情が主機能であり、その感情を大切にしながら生きることが重要です。

恋愛ではロマンチックな一面を持ち、仕事ではクリエイティブな分野で力を発揮します。

 

また、INFPは大器晩成型であり、年齢を重ねるごとに多角的な視点で物事を考えられるようになります。

特に、内向的感覚(Si)と外向的思考(Te)が成熟すると、よりバランスの取れた人生を送ることができます。

 

最後に、INFPの心のケアは非常に重要です。

感情のエネルギーがうまく爆発するととてつもない集中力と閃きが生まれます。

ですが、感受性が高いためにエネルギー源の感情が揺れ動きやすいです。

その感情をうまくコントロールすることが、社会でうまくやっていく鍵となります。

自分自身を理解し、自分らしい生き方を見つけることが、INFPにとって最も大切なことです。

 

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA