INFPの「好き避け」を解決!心の壁を乗り越える方法

「好きな人がいるけど、なぜかその人に対して避ける行動を取ってしまう。」

INFPの人はこう思うことが多いです。

 

この記事では、INFPに多い「好き避け」についてなぜそうなるのか、その克服方法を具体的にご紹介します。

心の壁を乗り越え、恋愛をうまくいくようにするためのステップも詳しく解説します。

 

好き避けを克服するための具体的な行動も紹介しているので、きっとあなたの恋愛が良くなるはずです。

 

できるだけ自然体でいられるのが理想ですが、INFPタイプの人は緊張するとうまくコミュニケーションが取れずに避けてしまうループにハマることも多いです。

自然体にさえなれれば、かなり高いINFPの能力を発揮できて理想の生活に近づいていきます。

少しずつでも自分の長所を生かせる方法を見つけていきましょう。

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

「好き避け」を克服するための方法

この項目では、「好き避け」を克服するための具体的な方法をご紹介します。

 

INFPについて調べようとすると「INFP 好き避け」と出るぐらいにはこのテーマについては多くの人が悩んでいるようで、特にINFPの方々にとっては切実な問題です。

 

  • 自分自身の心理的なバリアを理解する
  • 「好き避け」をする瞬間に気づく
  • 「好き避け」をしないためには慣れも必要

 

自分自身の心理的なバリアを理解する

好き避けを克服するには、自分が「好き避け」をしてしまう心理的を理解することが重要です。

 

感情を認識する→原因を把握する→感情を整理する

という流れで好き避けが起こることが多いです。

 

まずは自分の感情を外から見るような感じで、今どんな感情なのかを観察してみましょう。

 

次に好き避けが起きるときの原因を把握します。

例えば、「好きな人に会うと緊張してしまう」と感じた場合、その緊張感の原因は何かを考えます。
自分が何を怖がっているのか、何が不安なのかを考えて意識することで、解決に近づきます。

 

原因が分かれば、頭の中で感情を整理します。
INFPには得意だと思いますが、答えが決まっているものではないのでぐるぐると考え込んでしまうことも多いです。

一人で考えるだけでなく、信頼できる友人や家族に話を聞いてもらうのも一つの方法です。
他人の視点からのアドバイスが、自分の問題の新たな視点になるかもしれません。

 

特に体を動かす必要もなく、いつでもどこでも頭の中で完結できることなので、少しずつでも感情を整理していけると早く克服しやすくなります。

 

しろ
しろ

自分の心理的なバリアを理解するのは難しそうだけど、重要なんですよね。

 

「好き避け」をする瞬間に気づく

次に、自分が「好き避け」をしてしまう瞬間に気づくための方法をご紹介します。

この方法を使うことで、自分が何を感じているのか、何が原因で「好き避け」をしてしまうのかを把握することができます。

 

  • 感情の日記をつける:
    スマホのメモアプリや手帳などを使って、自分が何を感じたか、何がきっかけでその感情が生まれたかを記録しましょう。
    気になる人に関わる時だけでもいいので、続けていくうちに落ち着きやすくなっていきます。
  • 深呼吸をする:
    気になる人と接する前には、軽めでもいいので深呼吸をしてみましょう。
    深呼吸=気持ちの切り替えスイッチのようなイメージで、落ち着いて接する準備になります。
  • 信頼できる人に相談する:
    信頼できる友人などがいる場合は、自分が気づかなかった点について聞いてみましょう。
    他人の視点からの意見が、自分が思いもしなかった切り口になることも多いです。

 

挙げた方法は一例なので、一度試してみて効果がなければ、他の方法を試してみるのがおすすめです。

何度も試して、自分に合う方法を見つけてください。

 

しろ
しろ

「気づくこと」って、意外と難しいけど、これができないと次に進めないからゆっくりでも確実にやっていくのがおすすめです。

 

INFPが「好き避け」をしないためには慣れも必要

好き避けはどうしても慣れが必要です。

特にほとんど接していなかった人と話したりするときは、緊張も相まってなかなか落ち着いていられないと思います。

 

でも実は程度の差はあれ、だいたいみんなそんな感じです。

緊張感なく話せなくても、気になる人と楽しくお話しているイメージを持って、繰り返してトライするうちに徐々にできるようになります。

  • 一週間に一度は好きな人と会話する
  • 好きな人に対して、自分の気持ちを少しずつ表現する
  • タイミングを考える(ランチタイム、放課後など)

みたいにあらかじめ準備しておくとテンパりにくくなります。

 

毎回毎回準備するのは大変そうにも思えますが、これは初めのうちだけで問題ないと思います。

というのも、何度か繰り返すうちに自然とできるようになるはずです。

 

なかなか声がかけられなかったり、自然体で話せなさすぎる場合は、状況や自分自身の気持ちに応じて計画を見直してみましょう。

 

でもやっぱり何よりも大切なのは、行動を起こすことです。

行動しやすくするための準備なので、最初はハードル低めから進めていきましょう。

 

ここまでが「好き避け」を克服するための具体的な方法です。次のセクションでは、INFPと「好き避け」の心理的背景について詳しく説明します。

 

INFPと「好き避け」の心理的背景

このセクションでは、INFPと「好き避け」の心理的背景について探ります。

INFPの方々は、感受性が高く、内向的な性格が多いため、「好き避け」に陥りやすい傾向があります。

ここでは、その理由や恋愛観、そして他の性格タイプとの比較についても触れていきます。

 

  • INFPが「好き避け」をする理由
  • 「好き避け」が多いのはINFPだけ?他の性格タイプとの比較

 

INFPが「好き避け」をする理由

まずは、INFPがなぜ「好き避け」をしてしまうのでしょうか?

 

INFPタイプの人は、感受性が高く、人々の感情や状況に敏感です。

そのため、自分自身が傷つく可能性を感じると、自然と防御機能が働き、「好き避け」をしてしまいます。

 

具体的には、「拒絶されるかも…」や「うまくコミュニケーションができないかも…」という感覚が、「好き避け」を引き起こす大きな要因です。

 

また、INFPは理想と現実のギャップを感じやすい性格です。

恋愛においても、理想の相手と現実の相手との間にギャップを感じると、そのギャップに怯えてしまいがちです。

 

さらに、INFPは自分自身の内面と向き合う時間が必要な性格です。

そのため、他人との関係性に疲れやすく、「好き避け」を引き起こす場合もあります。

 

しろ
しろ

理由が分かれば、ちょっと楽になる?

  

「好き避け」が多いのはINFPだけ?他の性格タイプとの比較

INFPだけが「好き避け」をするわけではありません。

 

他の性格タイプでも、「好き避け」をする人はいます。

しかし、INFPが「好き避け」をする確率は、一般的に高いとされています。

 

例えば、外向的な性格の人々は、感情をオープンに表現することが多いため、「好き避け」をする可能性は低いです。

また、感受性が低い人々も、自分が傷つく可能性をあまり気にしないため、やはり「好き避け」をする確率も低いです。

 

逆に言うと、内向的で感受性が高めなINFPタイプは好き避けをしやすい条件にはなっています。

大切なのは、自分自身を理解し、その上で「好き避け」を克服する方法を見つけることですね。

 

しろ
しろ

他の性格タイプと比べずに、自分自身を理解してイメージに近づくことが一番大切ですよね。

 

INFPが恋愛で幸せになるための方法

この項目では、INFPが恋愛で幸せになるために取るべきステップについての紹介です。

自信をつける方法や、INFPの長所を活かす方法についても詳しく説明します。

 

  • 自信をつける方法
  • INFPの長所を活かす方法

 

自信をつける方法

まずは、自信をつける方法についてです。

INFPは感受性が高く、自分自身の感情や考えに敏感です。

そのため、自己理解が進むと自然と自信もついてきます。

 

具体的には、まず自分の長所と短所を明確にします。

INFPは他人に対する洞察力が高いですが、自分自身に対する洞察力も同様に高いです。

その洞察力を活かして、自分自身の特性を理解します。

特に短所に限っては目を背けがちなので、できるだけありのままの自分を客観的に見てみましょう。

 

次に、自分の長所短所をもとに、自分がもっと成長するには何が必要かを考えます。

例えば、

  • 声をかけるのが難しい→挨拶だけでもしてみる
  • 話そうとしても緊張して内容がうまく出てこない→あらかじめ話す内容を何パターンか考えておく

のように、小さいステップから始めて徐々に自信をつけていくのが確実です。。

 

重要なのは他人と比較せずに、自分自身のペースで進めることです。

 

しろ
しろ

小さな「うまくいった」の積み重ねが自信になるよ!

 

INFPの長所を活かす方法

INFPは内向的ですが、他人の感情や状況に敏感で、コミュニケーションに関しては実はかなり得意なんです。

 

具体的には、相手の言葉の裏に隠れた感情を察知し、その感情に対して適切に反応することができます。

このスキルは、相手との信頼関係を築く上で非常に有用です。

 

また、INFPは自分自身の感情を大切にするため、相手に対してもその感情を尊重します。

この態度は、相手からの信頼を勝ち取る大きな要素となります。

 

さらに、INFPは創造性も高く、話題作りに困ることが少ないです。

その創造性を活かせるように、落ち着いて普段の能力を発揮するためにも自信をもって行動してみましょう。

 

しろ
しろ

壁さえなくなればINFPにとってコミュニケーションは得意なんですね。

   

まとめ

この記事では、「INFP 好き避け」に焦点を当て、その心理的背景から克服するための具体的な方法までを解説しました。

 

INFPが「好き避け」をする心理的な理由は、内向的な性格と高い感受性からのことが多いです。

 

次に、INFP特有の恋愛観についても触れ、その中で「好き避け」がどのように発生するのかを考察しました。

 

最も重要なのは、この問題を克服するための具体的な方法です。

自分自身の心理的なバリアを理解し、それを乗り越えるための行動計画を立てることが重要になります。

 

小さな一歩から始めて、自分を変えていく勇気を持つことが、恋愛でも人生でも成功への鍵です。

 

この記事が、INFPの方々が「好き避け」を克服し、素敵な恋愛を楽しむ一助となれば幸いです。

 

\この1冊でINFPが分かる!/

kindleunlimitedの読み放題対象!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA